平戸職人が造り上げた、完全無添加【魚味噌】。
平戸魚醤油とは?だしパック美味しいレシピ商品ご注文長田謹製『写真日記』

あご旨味噌  平戸魚味噌  〈黒麹〉と〈白麹〉  〈手作り魚味噌〉  長田食品TOPへ

※現在「魚味噌」関連の商品は取り扱っておりません。

「あご旨味噌」 「焼魚味噌」 珍しい魚味噌をご家庭で!「手作り魚味噌」

『あご(飛魚)』まるごと使った贅沢“魚”味噌。
長崎平戸島特産『あご旨味噌』
『大豆不使用』大豆アレルギーの方も、安心してお使いいただけます。化学調味料・食品添加物 無添加
●大豆や小麦はまったく使わず、  『あご≠ェ落ちるほど旨い』と言われる  あご(飛魚)から造った“お魚”味噌。
●魚の旨味がギュッと詰まった味噌だから、  毎日のお味噌汁や鍋物・スープ等に少し加える  だけで、手軽に本格的な味が楽しめます。
●もちろん、魚をまるごと使っているから  カルシウムや体に良い天然成分もたっぷり。
●その他、用途いろいろ。●ご家庭にあるものにまぜるとおいしい漬けタレに。 ●マヨネーズにまぜてデイップに。 ●クリームチーズとまぜて、クラッカーにのせておつまみに。 ●きゅうりや熱いご飯にのせて。 ●スプーン一杯のお湯で溶くと、あっという間に  お味噌汁の出来上がり。
あご旨味噌     300g  525円

▲ページTOPへ戻る

平戸焼魚味噌
平戸の職人がじっくり長期熟成させて造った、完全無添加の魚味噌(さかなみそ)です。
カルシウムをはじめ、タウリン、ペプチド等の天然成分を豊富に含み、
 さらに老化防止に良いといわれるSOD様活性はダントツに多く入っています。
 →弊社魚味噌の栄養成分分析表(PDFファイル)
普通のお味噌に比べ塩分も控えめです。
そのまま、ご飯やきゅうりなどに添えたり、ちょっとしたお料理のアクセントに。普通のお味噌としても使えます。
お酒のおつまみとしても最適です。


平戸焼魚味噌(白麹)150g 1本525円  平戸焼魚味噌(黒麹)150g 1本525円


平戸焼魚味噌〈黒麹〉
《平戸焼魚味噌(黒麹)》は、原料に麦麹を使用。
 少し辛めですがコクがあり、通好みの味に
 仕上がっています。ご飯に添えたり、
 そのままお酒のおつまみとしても好評です。
  平戸焼魚味噌〈白麹〉
原料に米麹を使用した、《平戸焼魚味噌(白麹)》
 柔らかな味わいがあり、お味噌汁や“もろみ”の
 かわりにきゅうりその他につけて等、
 普通のお味噌のようにお使いいただけます。

※現在「魚味噌」関連の商品は取り扱っておりません。



▲ページTOPへ戻る


長田食品では、グループでの魚味噌作りや、学校での「魚味噌作り体験学習」等も
お手伝いをさせていただいています。
社会科見学で『マイ魚醤油』作り・『魚味噌』作りを体験される小学校も。
はじめての体験に、皆さんとても喜んで帰られますよ!

魚味噌は年間を通して作ることはできますが、
特に11月から3月くらいの寒い時期が、魚味噌造りには適しています。
寒い時期に魚味噌を仕込めば、暑い夏を越して熟成され、
より旨味の濃縮された良い味噌になるのです。

長田食品では、この魚味噌の手作りキットも販売受付しております。
どうぞお試しください!

作り方


《材料》


〈手作りキットに含まれているもの〉 ※出来上がり味噌4kg程度、塩分約11%になります。
  • 麦麹 1kg
  • 米麹 500g
  • 天然塩 400g
  • 魚肉(鰺または飛魚) 1kg
〈手作りキットに含まれていないもの〉 ※各自ご用意ください。
  • 味噌を入れる容器、内蓋
  • 重石

(1)鍋に魚肉と浸かるくらいの溝を入れ煮る。
 噴きこぼれないくらいに火を弱め、静かに煮ます。
 魚肉が煮えたら火を止めます。

(2)こして魚肉と煮汁に分けます。
(煮汁は後で使うので捨てずにとっておきます。)
 人肌くらいに冷ましておきます。

(3)材料の麦麹、米麹、魚肉、塩、煮汁200ccをよく混ぜて、用意しておいた容器にビニールを敷き、
 その中に隙間がないように上からしっかり抑えて内蓋を乗せ、その上に重石を載せます。
 (ビニールを敷いておくことで1ヶ月に1度の切り返しの作業が簡単にできます)
 ※重石を乗せることにより、発酵ガスがよく抜けて美味しい魚味噌になります。

(4)仕込んでしばらくは硬いですが、発酵が進んでいくとやわらかく熟成されていきます。

魚味噌の発酵速度は気温が高ければ早く、低ければ遅くなります。
直射日光の当たらない場所で気温は20℃から30℃ぐらいが理想です。


○切り返し

仕込んで1ヶ月に一度、切り返しという作業を行います。
魚味噌を入れたビニールごとパンをこねるように混ぜます。
新しい空気を送ってあげることで、発酵を促します。(天地換え)
2、3回繰り返したら容器に戻し、隙間なく押さえて内蓋、重石を乗せておきます。

3ヶ月くらいで、早いものは食べられます。
(若々しい味になります)
6ヶ月くらい経つと、熟成も進みまろやかな味になります。
1年経てば長期熟成魚味噌の完成です。
豊潤な香りとコクのある魚味噌になります。

ぜひチャレンジしてみてください!

※現在「魚味噌」関連の商品は取り扱っておりません。


▲ページTOPへ戻る