平戸職人・秘伝の昧の享楽。【天然魚の三味漬】。
平戸魚醤油とは?魚味噌だしパック美味しいレシピ商品ご注文長田謹製『写真日記』平戸三味漬ギフトセット

  平戸三味漬 お召し上がり方 おススメレシピ ●保存方法 長田食品TOPへ
平戸三味漬

平戸三味漬
長崎県産の真鯛を、長田自慢の本格派『魚醤油』・大変珍しい秘伝の『魚味噌』、さっぱりとした『平戸天然塩』の三つの味にそれぞれ漬け込んだ、
 平戸・長田食品ならではの詰合せです。 
調味料には大豆を一切使っていないので、
 大豆アレルギーの方も安心してご賞味いただけます。


【平戸塩漬】【平戸味噌漬】【平戸魚醤漬(平戸漬)】(大きさ・価格等は季節・魚種によって変わります。)

【平戸魚醤漬(平戸漬)】【平戸魚醤漬(平戸漬)】
【平戸味噌漬】【平戸味噌漬】
【平戸塩漬】【平戸塩漬】
長崎県産の天然魚を、長田自慢の『平戸魚醤油』に漬け込みました。魚のうまみをしっかりと引き出した、香り高い味わいです。   長崎で獲れた天然魚を、長田の『平戸魚味噌』で漬けた珍しい「魚味噌味」です。
焼くと香ばしい香りがたち、焼き味噌がとても食欲を誘います。
  長崎で獲れた天然魚を、『平戸産の天然塩』で漬けた塩味です。天然塩の、さっぱりとした自然の甘みが魚本来のうまみを引き出します。  



【お召し上がり方】※小骨がある場合は取り出してください。●湯煎の場合:袋のまま沸騰してから2〜3分間温めてお召し上がりください。(ふっくらと仕上がります)
●電子レンジの場合:解凍後、袋のまま電子レンジで加熱してお召し上がりください。500〜600W=約2分、700W=約1分30秒 ご注意:@電子レンジで加熱中、袋は膨らみますが、ポンと音がして「蒸気口」から自然に蒸気が抜けますのでご安心ください。 A加熱終了後、蒸気が抜け袋がしぼんだことを確認してから、電子レンジから取り出してください。(袋や中身が熱いのでご注意ください) B袋を開封される時、蒸気口より中身が漏れることがありますので、ご注意ください。
●焼く場合:袋から出してご家庭用グリル、網などで焼いてお召し上がりください。(皮がパリッと香ばしく仕上がります)

【おススメレシピ】特製『鯛めし』●磨いだお米と一緒に炊飯器で炊くと、おいしい“鯛めし”が手軽に味わえると好評です!

長崎産・天然真鯛の三味漬を使った簡単レシピ!
〇作り方…分量は鯛の切身1袋に対して2号から3合

1、お米を洗う
2、水はお米の分量
3、鯛の切身を袋からだして入れる(凍ったままでも良い)
4、炊く(スイッチを入れる)
5、炊き上がるとざっくりと混ぜる(骨がある場合は取り出す)
6、お好みによって、青シソ大葉やゴマをふりかける。



【保存方法】●生ものですので冷蔵保管の上、開封後はなるべく早く(冷蔵の場合は7日を目安に)お召し上がりください。 ●冷凍の場合は90日を目安にお召し上がりください。